読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はれのにっき。

日頃思っていることやあったことを日記として綴るためのブログ。いつか晴れの日が訪れますように。

 

 

 

思い返せば一目惚れだった
あれだけ信じてなかった“それ”を、
自分がそうだと気づいた瞬間、
ストンと落ちてそうなのだとわかった
纏う雰囲気、何にも興味が無さそうなのに何にでも興味があるような瞳。
気になって気になって、
小さく、しかし確かな声で君に言った。
「先生みたいだね」
と。

またとある日に羽球鋼琴紳士が囁く。
「とっても可愛いね」
「好き」
「愛してる」
「恋人になってよ」
初めての甘い言葉に、私は紳士の虜になった。
でも気づいた。
それが偽りの気持ちであることに。
『魔が差した』
と言ったら紳士に失礼だけれど、その時のことを表すなら、それが最も適当な答えであると思う。


頭痛がする。
気持ち悪い。
こんなはずじゃ、なかったのに...。


そんな時、
君も似たように頭を抱えていた。
1人じゃ抱えきれない悩みに、頭を抱えていた。
私は問う。
「どうかしたの?」
君は言った。
「大丈夫だ」
と。
瞬間、それが嘘であることに気づいた。
問い詰めた。
問い詰めて問い詰めて、
しかたなく、頼られた。
嬉しかった。
頼られてるときは頭痛もしなかった。
でもそうじゃなくなった途端に元に戻る。

君が異変に気づき、私に問うた。
「どうかしたの?」
私は言った。
「大丈夫だ」
と。
一度納得したものの、
君はやはり嘘に気づいた。
問い詰められて問い詰められて、
君を頼った。

頭痛が、和らいだ気がした。


思い返せば一目惚れだった。
興味が無さそうな瞳に惹かれた。
でも、
話せば話すほど、
興味を“持っている”瞳に吸い込まれた。

 


離せ、離してくれ。
もう苦しいんだ。
忘れたいんだ。

嘘。
違うよ。
忘れたくないんでしょう?
一生離さないで欲しいんでしょう?

そう。
一生離す気はないよ。


その約束を、君は覚えているかい?

 

その約束は今でも、
私に絡みついて、
離すことは無い。

 

 

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

 

創作小説。

今にも叫びだしそうだったから吐き出すように書いた。

 

 

買いたい漫画リスト

 

覆面系ノイズ

 

3月のライオン

 

ひるなかの流星

 

PとJK

 

CRASH!

 

 

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

そういえばこの前の小説は無事買えました

 

マンガこそいっぱいあるので、

忘れないように。

 

そうそう、

漫画収集は私の趣味の一つですw

 

『あの日の私へ。』(創作詩)

 

 

味のしなくなったガムを噛み続けたら
再び味がしてくる気がしている

 

その味美味しくないよ、とか
そのガムは歯ごたえがなぁ、とか
みんなは色々言うけど
私はこのガムが1番

“気に入っていた”

 


味のしなくなったガムを噛み続けたら
再び味がしてくる気がしている


味がしてくると 信じている


まだ気づかない
信じるだけ無駄であることに

 

まだ気づきたくない
無駄なんて現実

 

永遠に

知りたくなんかないんだよ

 

 

 

きっと僕には

 

ずっと

 

一度口に入れたこのガムを

 

吐き出すことができない

 

 

 

 

 

 

 

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

シチュエーションについては想像してみて欲しいです。

何も言いません。

でも一つ言えることは、

withJを観て、想像していきました。

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

(ヾ(´・ω・`) あでゅ

新幹線にて。

色々あって秋田に行ってきました

新幹線3時間はきついけど、秋田いいところだなぁと思いました。

 

今帰りの新幹線の中にいます。

 

そしてふと今後買いたい本とかが思い浮かんだので色々メモしようと思って。

 

久しぶりの更新がメモって...w

いやでも、一応下書きはいくつかしてるのよ?

 

 

はい。

 

買いたい小説

・暗黒女子

・天使は奇跡を希う

 

 

暗黒女子については、この前映画を観てきてすっかり虜になりましたねー。

誰かのネタバレの原因にはなりたくないから詳しい内容については触れないけど、

確かにこれはラスト24分?のどんでん返しですわ。

あ、こうなるんだ...!((((;゜Д゜))))

みたいな。

まさかでした。

確かにテロップで全員悪女って言ってたね、って。

終わったあとは、流石イヤミスなだけあって絶妙に変な気分でした。

内容的には好きなんです。騙し合いみたいな、全員が悪人みたいな。

あ、でもホラーは好みません。そういう怖さは嫌なんですよ。

んで、しばらく放心状態って感じだったんですけど、時間が経つにつれて更に内容に惹かれていきました。

関係を整理したり、伏線を思い出してみたり。

また観たくなってきて。

でもいざとなったら足がすくんじゃうかもしれないから、

もし原作小説の文の書き方が好みだったら買いたいですね。

 

 

天使は奇跡を希う

これについてはだいぶ前に本屋で見かけて。

表紙の絵があの花のってことで目がいきました。

あ、私実はあの花とここさけが好きです。

ま、それは置いといて。

それで気になって作者を見たら。

なんとあの七月隆文さんではないですか...!

七月隆文さんといえば  僕は明日、昨日のきみとデートする  の著者ですね。

僕明日とは姉が買った小説として出会いました。

読みやすい文章と興味惹かれる内容。そしてどんでん返し。

つい一気読みしましたね。

こんな作品は、小説では初めてでした。

その七月隆文さんの作品。

 

...気になる...。

 

て、ことで買いたいのです。

 

 

買いたい漫画

覆面系ノイズ

 

 

こちらはアニメ化しますね。

だから、という訳ではないです。

でもずっと花とゆめ本誌で気になっていた作品の一つではあります。

それがLINEマンガで連載していたので見てみたところ...。

 

超、好き...!

主人が凄いとかその周りも凄いとか、そういう王道系の漫画がとても好きなのです。

良いですね〜。

私、気になります!

なーんて?w

 

 

 

 

 

 

はい、ちょっと書きすぎたw

疲れたからこの辺で。

 

(ヾ(´・ω・`) あでゅ

7!! / バイバイ

やっぱり君だよね?
ほんと驚いたよ
ふたりよく歩いた並木通り
一年ぶりに見る彼は髪が短くて
大人びて見えた

 

ふざけてばかりで
話を聞かなくて
わたしもむきになっていた
君が
大人になるのを待てずに遠ざけていったのは
わたしだったね

 

いつもマイナス1℃の雨が降る
君がくれたナミダ
そのやさしさまでわからなくて
ずっとこの胸をしめつけた

 

通りをわたって
声をかけたいな
一瞬思ったけど足を止める
まじめな横顔
きっともう君の目に
わたしは映らないから

 

いつも
マイナス1℃の雨が降る
冷たすぎるナミダ
はぐらかす態度に怒ってたけれど
実は救われていたんだね

風に乗った雲が ゆっくりと今ふたつ
にちぎれていく

 

ひとりで勝手に強がって
わたしを苦しめてたのは
君じゃなくわたし自身だったね
君に出会えてよかったよ

 

いつも
マイナス1℃の雨が降る
消えていくナミダは
夏の空の下 思い出に変わる
髪を束ねて歩き出そう

このナミダをきっと忘れない

 

 

 

 

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

 

ほんとに好きな曲でもあるし、

今の気持ちにリンクしすぎてて

色々やばい。

届く確率はほぼ0の自己満足

 

 

 

きっともう私は必要ないのだろう

要らなくなったんだろう

怒ったのだろう

携帯だけの恋は辞めたから

私はもう連絡をとる気はない

といっても

君にはきっとブロックされてるから

読めもしないんだろうね

でもどうか

私の本気が

私の想いが

100%なんて贅沢なことは言わないから

80%、せめて60%、伝わっててほしい

貴方のことが大好き

今でも本当に好きよ

口にしたことは一度もないけど

愛しているの

好きなところ沢山ある。

嫌いなところだってあるわ。

でも

そんなところも含めて全部

好きなの

愛してるの

こんなこと書いても

君に伝わることはないでしょうけど

せめて

私のことを

覚えていてほしい

少しでいいから

忘れないで欲しい

あなたに出会えて良かった

でも

本当は出会いたくなかった

やっぱりあなたは

私のことなんて忘れて

素敵な人と恋をして頂戴

 

私は

私の精神が

異常じゃなくなって

普通の人みたいに

素直な心が持てたなら

その時はもう1度恋がしたい

今は

昔のことを思い出して

懐かしんで

悔やんで

戻りたいと

思うことしかできないから

せめてそれが

できなくなったときには

あなたをまた好きになる

いえ、

切れかけている

細い糸を

紡いで

紡いで

しっかりとした

一本の糸にすること

これくらいは

許してほしい

 

私は

あなたのことが

きっと一生

呪いのように

傷跡のように

消えることはない

忘れられないけど

あなたは

どうか

綺麗さっぱり忘れて頂戴

私に会ったとき

知らない人を見る目で

この前のその目で

ずっと見続けていいから

 

 

 

 

あなたに

十数回目の告白を

菜の花ボーイズ/ピョン

 

うーん...夢はな

大きすぎる夢を見てるだけじゃ

それは夢だとは思わない

 

俺は昔大きな事故を起こした

 

その事故で一つ学んだことがある

何気ない日常が

とても大切だってことだ

 

だから俺は

他の奴からはつまらなくみえて

とても小さな夢だとしても

それが大きな夢に繋がると思う

 

俺の夢は

その小さな夢一つ一つを

叶えることが夢なんだ

 

大きな夢を一つだけ

見ながら生きるには

人生があまりにも

もったいない感じがするし

 

小さな夢を一つずつ叶えていって

ふと後ろを振り返ると

俺は人生無駄に生きてなかったなって

思える気がする

 

夢は

人のために

叶えるものじゃない

 

人生だって他の人のために

生きるものじゃない

だからお前も

自分の人生のための夢をみつけろ!

 

大きな夢じゃなくていい

幸せに生きること

これが夢なら

幸せになるための計画を立てて

それを成し遂げるために

することも夢って言えるだろ

 

世の中で本当に幸せに

暮らしている人が

どれくらいいると思う?

...そんなにいない

 

もしお前の本当の夢が幸せになることで

それを成し遂げられたら

お前は本当にすごい人なんだ!

 

とにかく大変だろうが

人と付き合ってみたり

遊んでみたり、笑顔で

生活してほしい

 

もちろん、俺らは普通の人じゃない

障がい者ってだけで拒む人達も

いっぱいいると思う

昔は俺もそうだったし…

 

今考えると本当に馬鹿だった

 

お前から見て俺は

そんなに頼もしくはないと思うけど

少しは俺に頼ってもいいんだぞ

 

こういう時

俺に頼らないで誰に頼るつもりだ?

たまには年長者の言うことをきけよ

 

大変なことや

不満もあったら全部言えよ

 

あ、でもお前はドストレートだから

ちょっとお手柔らかに頼む

 

それでお前の気持ちが

少しでも軽くなったら

 

お前も俺も

一緒に笑える日が

もっと増えるんじゃないか?

 

俺はお前に笑っていてほしい

 

お前の今の状況が

よくなることを心から願ってるし

心配しているから

もう一度改めて俺の気持ちを

伝えたかったんだ

 

お前には十分愛される資格がある

 

これを読んでもう一度

考え直してほしい

 

明日もう一度答えを聞かせてくれ

その時は、お前になんて

言われても納得するから

 

それじゃ、おやすみ

暇な時はいつでも

連絡していいからな

 

お前がどういう決断をしても

俺がずっとそばにいるからな

 

 

 

 

一時期すごく救われた言葉。

今でも大切。